戻った一万円

 居酒屋で3人で酒を酌み交わしました。
 料金を支払うために、一万円札を財布から取り出して勘定方奉行に渡そうとしました。
 勘定方奉行は、受取りを拒否したため宙に浮いてしまった一万円札を二つ折りにして、ズボンのポケットにしまい込んでお店を後にしました。
 ズボンのポケットには、スマホも入っていました。

 駅のホームで、電車が来るのを待ってる間にズボンのポケットからスマホを取り出して、ニュースなどを確認していると・・・・。
 背後から30代くらいの青年が、「落としましたよ」と言って、二つ折りした一万円札をそっと差し出してくれました。
 ありがとう。ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です