精肉(鮮魚)の小売業を営む課税事業者が焼鳥、ローストチキン(かつおのたたき、焼魚)等の加工をして販売しているが、すべて第二種事業としている。

 商品に「焼く、煮る、揚げる」等の加熱を伴う加工をした場合は第三種事業に該当する。
 なお、「切る、刻む、つぶす、挽く、たれに漬け込む、混ぜ合わせる、こねる、乾かす」等の軽微な加工の場合は第二種又は第一種事業に該当する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です