源泉徴収した3.7億円脱税疑い 福岡地検、経営者ら逮捕

源泉徴収した3.7億円脱税疑い 福岡地検、経営者ら逮捕
2015/1/29 3:30 朝刊
 福岡地検特別刑事部は28日、経営する飲食店の従業員らの給与から源泉徴収した所得税約3億7千万円を脱税したとして、経営者の君嶋亮子容疑者(68)ら3人を所得税法違反(脱税)の疑いで逮捕した。
 3人の逮捕容疑は2010年5月~12年12月、従業員らに約21億6千万円の給与を支払い、所得税として約3億7千万円を源泉徴収したにもかかわらず、税務署に納付しなかった疑い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です