20億円超申告漏れ

20億円超申告漏れ
国税指摘、スリーボンド元会長
2015/2/5 3:30 朝刊
 工業用接着剤メーカー「スリーボンド」(東京都八王子市)の鵜久森一郎元会長(67)が東京国税局の税務調査を受け、2013年までの5年間の所得計二十数億円の申告漏れを指摘されていたことが4日、分かった。関係者によると、無申告加算税を含めた追徴税額は約5億円。元会長は既に申告と納付を済ませたとみられる。
 関係者によると、元会長は居住地が海外だとして、国税局に所得を申告していなかったという。
 国税局が渡航記録や滞在日数などから、実際は日本に生活の本拠がある「居住者」にあたると判断したもようだ。
 税法上、日本国内に生活の本拠がない「非居住者」は日本で生じた所得にのみ課税されるが、「居住者」は国内外のすべての所得を日本で申告する義務がある。
 元会長は1999年から10年まで同社の代表取締役会長を務めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です