相続税の申告必要?

相続税の申告必要?
国税サイトで判定できます
2015/5/11 3:30 朝刊
 国税庁は11日、相続税の申告手続きが必要かどうかを判定できるコーナーをホームページ(HP)に開設する。法定相続人の数や相続する財産金額などを入力すると、判定結果が表示される仕組み。入力結果が一覧になった「相続税の申告要否検討表」は印刷できる。国税庁は「申告の要否を調べる目安として活用してほしい」と呼びかけている。
 相続税は、亡くなった親や配偶者らの財産を受け継ぐ際にかかる税。財産の合計金額が基礎控除額を超えた場合は申告が必要になる。
 今年1月の税制改正で、非課税枠である基礎控除はこれまでの「5千万円+1千万円×法定相続人数」から「3千万円+600万円×法定相続人数」に4割縮小。課税対象者は大幅な増加が見込まれている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です