相続税申告のために用意して頂くもの

  ※次の資料を可能な範囲でご用意いただくとスムーズにお打合せできます。

【相続税申告.法定相続人の確認】
1.被相続人
 (1) 戸籍謄本、除籍謄本、改正原戸籍(相続開始の日から10日を経過した日以後に作成されたもので、出生から死亡まで全て)
 (2) 住民票除票
 (3) 略歴書
 (4) 死亡診断書

 2.相続人

 (1) 戸籍謄本(ご家族全員の記載のあるもの)
 (2) 住民票(相続開始の日以後に作成されたもので、ご家族全員の記載のあるもの)
 (3) 印鑑証明書(遺産分割協議書に押印したもの) 
 (4) 障害者手帳
 (5) 電話番号

 
3.相続関係図

【相続財産の分割の確認】.
 1.遺言書(又は遺産分割協議書) 

 2.未分割の場合
  ・申告期限後3年以内の分割見込書」

【相続財産の確認】

 1.不動産

  (1) 登記事項証明書
  (2) 固定資産税評価証明書
  (3) 固定資産税納税通知書
  (4) 賃貸借契約書(及び入居状況の確認できるもの)
  (5) 実測図(又は地積測量図)

 
 2.上場株式

  (1) 預かり証明書(又は残高証明書)
  (2) 配当金支払通知書 

 3.非上場株式

  ・ 法人税申告書(直近3年分) 

 4.現金預金

  (1) 残高証明書
  (2) 通帳写し(3年分) 

 5.事業用財産

  ・ 確定申告書(直近3年分) 

 6.保険金

  (1) 保険証券
  (2) 支払保険料計算書
  (3) 解約返戻金計算書(保険事故未発生分) 

 7.退職金

  ・ 退職金の支払調書 

 8.その他

  (1) 家庭用財産
  (2) 立木、庭園
  (3) 貸付金(金銭消費貸借契約書)
  (4) 前払金
  (5) 貴金属、書画、骨董品
  (6) 自動車、ヨット
  (7) ゴルフ会員権、レジャークラブ会員権
  (8) 未収給与、未収地代家賃、未収配当金、所得税準確定申告還付金
  (9) 特許権、著作権
  (10) 電話加入権.

【生前贈与の確認】

 1.暦年課税

 (1) 贈与税申告書(3年分)
 (2) 通帳写し(3年分) 

2.相続時精算課税

 (1) 贈与税申告書(全て)
 (2) 戸籍の附票(被相続人及び相続時精算課税適用者)

【債務・葬式費用の確認】
 1.債務 
  (1) 借入金(残高証明書、金銭消費貸借契約書)
  (2) 未払金(入院費用、社会保険料、公共料金など)
  (3) 未納租税公課(固定資産税、住民税、所得税など)
  (4) 預かり保証金、敷金(賃貸借契約書)

 2.葬式費用

  ・領収書 

【その他】.

 ・10年内に前回の相続があった場合は、前回相続時の相続税申書(前回の相続税額の一部を控除可能)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です