贈与税申告のために用意して頂くもの

 ※次の資料を可能な範囲でご用意いただくとスムーズにお打合せできます。

【暦年課税】
 ◆一般の場合
1.贈与契約書

2.贈与財産の評価額を計算するための資料
 (1) 不動産
 (イ) 登記事項証明書

 (ロ) 固定資産税評価証明書
 (ハ) 固定資産税納税通知書
 (二) 賃貸借契約書(及び入居状況の確認できるもの)
 (ホ) 実測図(又は地積測量図) 

 (2) 非上場株式
  ・ 法人税申告書(直近3年分). 

◆贈与税の配偶者控除
1.贈与契約書

2.控除の対象となった居住用不動産を評価するための資料
 (1) 登記事項証明書

 (2) 固定資産税評価証明書
 (3) 固定資産税納税通知書
 (4) 実測図(又は地積測量図) 

◆住宅取得資金の非課税制度
1.贈与契約書 

2.受贈者の戸籍の謄本
3.受贈者の住民票の写し(居住日以後に作成されたもの)
4.登記事項証明書
5.売買契約書(又は新築工事の請負契約書)
6.贈与を受けた年分の所得書を証明する書類(源泉徴収票など)

【相続時精算課税】 

◆一般の場合.1.贈与契約書
2.受贈者の戸籍の謄本(贈与日以後に作成されたもの)
3.受贈者の戸籍の附票の写し(〃)
4.特定贈与者の住民票の写し(〃)
5.特定贈与者の戸籍の附票の写し(〃) 

◆住宅取得資金の非課税制度

 一般の場合(相続時精算課税)の必要書類
     +(プラス)

1.受贈者の住民票の写し(居住日以後に作成されたもの)
2.登記事項証明書
3.売買契約書(又は新築工事の請負契約書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です