(12) 修正申告書の記載要領について

  この度、税務調査があって、次のとおり指摘を受け修正申告をすることとなりました。
  修正申告書の記載の仕方を教えてください。

税務調査による指摘事項を仕分けで表現すると

売上864円(内消費税額64円)が計上されていなかった(売掛金)。
(借)売掛金 864
    (貸)売上 800
    (貸)仮受消費税 64
仕入540円(内消費税40円)が過大に計上されていた(買掛金)。 
(借)買掛金 540
    (貸)仕入 500
    (貸)仮払消費税 40
交際費中に非課税仕入れに該当するビール券を購入しているが、仕入控除をしていた(消費税24円)。
(借)交際費 24
    (貸)仮払消費税 24
仮受消費税等と未払消費税との精算差額3円を雑収入とする。
(借)未払消費税 3
    (貸)雑収入 3
【別表四】
区分 総額 処分
留保 流出
【加算】
売上計上漏れ
800 864
△64
 
仕入過大計上 500 540
△40
 

雑収入

3 3  
【減算】
交際費認容
24 24  

(注)交際費等の損金不算入額に変動がなかったものとします。

【別表五】
区分 期首 当期の増減 期末
売掛金     864  
買掛金     540  
未払消費税
①②③④
  24 △64
△40
3
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です