(25) 売上の計上基準(検収基準)が認められなかった。

(Update:H21.11.09)  
3月31日決算の法人ですが、3月中に出荷した医療機器を試運転の結果、4月10日付けの検収受領書を受取ったので次のように経理処理を行った。


3/20
(借)仕入 600
(借)仮払消費税 48
   (貸)現預金 648


4/10
(借)売掛金 864
   (貸)売上 800
   (貸)仮受消費税 64


 しかし、収益計上に関する基準の採用に不備があり、検収基準の適用が認められなく、売上を出荷日(3月中)に計上するように否認された。 

【修正年度の処理】

★修正内容を仕訳で表現すると
(借)売掛金 864
   (貸)売上 800
   (貸)仮受消費税 64
(借)期末製品 600
   (貸)製品 600
(借)仮受消費税 64
   (貸)未払消費税 62
   (貸)雑収入 2
【別表四】
区分 総額 処分
留保 流出
【加算】
売上計上漏れ
800 864
△64
 
雑収入 2 2  
【減算】
売上原価認容
600   600
【別表五】
区分 期首 当期の増減 期末
売掛金     864 864
製品   600   △600
未払消費税     △64
2
△62

【進行年度の処理】

★修正申告時の仕訳
(借)売掛金 864
   (貸)前期損益修正益 800
   (貸)仮受消費税 64
(借)前期損益修正損 600
   (貸)製品 600
(借)仮受消費税 64
   (貸)未払消費税 62
   (貸)前期損益修正益 2
【別表四】
区分 総額 処分
留保 流出
【加算】
前期損益修正損
600 600  
【減算】
前期損益修正益
800 △64
864
 
前期損益修正益 2 2  
【別表五】
区分 期首 当期の増減 期末
売掛金 864 864  
製品 △600   600
未払消費税 △62 △64
2
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です