(53) 子会社から高額で取得したとして寄附金と認定された。

(Update:H21.9.3)
  子会社から取得した構築物の取得価額等は次のとおりであるが、取得価額と時価との差額500円は、子会社に対する寄付金と認定された。
  なお、寄附金の損金不算入額は、485円となった。 

取得価額 時価 償却率 損金計上額
900 400 0.250(定率) 225

【修正年度の処理】

★修正内容を仕訳で表現すると
(借)寄附金 540
    (貸)構築物 500
    (貸)仮払消費税 40
(借)減価償却の償却超過額 125
    (貸)減価償却費 125
(借)仮払消費税 40
    (貸)未払消費税 40
【別表四】
区分 総額 処分
留保 流出
【加算】
減価償却の償却超過額
125 125  
【減算】
寄附金認容
540 500
△40
 
       
寄附金の損金不算入額(23) 485   485
【別表五】
区分 期首 当期の増減 期末
減価償却の償却超過額     125 125
構築物   500   500
未払消費税   △40   △40

【進行年度の処理】

★修正申告時の仕訳
(借)前期損益修正損 540
    (貸)構築物 500
    (貸)仮払消費税 40
(借)構築物 125
    (貸)前期損益修正益 125
【別表四】
区分 総額 処分
留保 流出
【加算】
前期損益修正損
540 500
40
 
【減算】
前期損益修正益
125 125  
【別表五】
区分 期首 当期の増減 期末
減価償却の償却超過額 125 125   0
構築物 500   500 0
未払消費税 △40   40 0

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です