(67) 権利金は繰延資産に当たるとされた。

(Update:H21.11.11)
   権利金600円を支払家賃(決算期日の6月前に支払う)として経理していたが、繰延資産に当たるとされました。
  なお、この権利金については、契約更新時に再び権利金の支払を要するか否かは不明なので、償却期間は5年となります。
  したがって、当期の償却限度額は600円×6月/60月=60円となります。 


【修正年度の処理】

★修正内容を仕訳けで表現すると
 (借)繰延資産 540
    (貸)繰延資産償却超過額 540 

【別表四】
区分 総額 処分
留保 流出
【加算】
繰延資産償却超過額
540 540  
【別表五】
区分 期首 当期の増減 期末
繰延資産     540 540

【進行年度の処理】

★修正時の仕訳
 (借)繰延資産 540 
    (貸)前期損益修正益 540 

【別表四】
区分 総額 処分
留保 流出
【減算】
前期損益修正益
540 540  
【別表五】
区分 期首 当期の増減 期末
繰延資産 540 540   0

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です