Q 顧問税理士が既におりますが、必ずしも満足のいくものではありません。顧問税理士がいてもご相談に乗っていただけますか?

A 近年、経済取引はますます複雑になっておりますし、企業経営の形態も多様化してきています。それに各税法も毎年猫の目のように変わってきています。
 このような中、一人の税理士が対応できる専門分野というものは限られています。
 そこで、特殊な分野、高度な専門知識を有する分野に関しては、別の税理士にも相談する「
セカンドオピニオン」という契約形態が普及し始めているのです。
 
今の税理士が作った申告書が正しいか、別の角度から見てもらいたい。
 
税務調査が入ったが、今の税理士さんだと頼りない。
 
昔からの付き合いがあるので、変えられないが専門性が高い先生に見てもらいたい。
など、今の先生との関係は維持したまま、別の税理士からの意見を聞きたいという方からのご要望にお答えいたします。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です